実験






排気脈動を使った強制減圧のテストです。
簡単な測定方法思いつきましたのでやって見ました

以前 空燃比を測定する為に取り付けてあったセンサー取り付け用のボスは
現在ブラインドプラグで蓋をしてあります。

そのブラインドプラグにPT1/4のタップを立て エアーカプラーのオスを取り付け
ホースをレデューサーへ
レデューサーの入口に負圧計をセットして見ました。

排気ポートの直後ではないのでそれほどのマイナス圧にはならないと思っていましたが
十分使えそうな圧力です。

アイドリングで-0.35~0.4psi
スロットルを開けた後-1psi位になっていますが
空ぶかしだけでは詳しく解りません
動画では閉じたときに強く引いてるみたいに見えますが
負圧計の反応にタイムラグがある様にも思えます。

回転が上がった時に引いてるのか閉じたときに引いてるのか
シャーシーダイナモで負荷かけた状態で測定すればはっきりします。
近いうちに実行してみます。



テーマ : お仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています 「↓ポチッ」とお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

マエカワ

Author:マエカワ
岐阜県岐阜市にファクトリーを構える「マシニングによる高精度ワンオフ加工及び製造から自社オリジナル商品/クランクケース減圧バルブ:」レデューサー」を取り扱う、株式会社マエカワエンジニアリングです!

最新記事
カテゴリ
動画
当社の開発したクランクケース減圧バルブ/レデューサーを中心としたものから、様々な製造工程までを動画でご紹介
Loading...
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ