スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L型ブロック これで良いの?


今日は朝からL型ブロックの測定中です
データーとして正確に測定する為 ブロックの下に下駄履かせ1番と6番シリンダ平行になる様
再度機械にセットして測定しました。
1番から6番のピッチを5で割って隣のシリンダまでのピッチ分移動するのですが
なぜか合いません 測り終えてピッチ見比べると
ボア間のピッチバラバラです。
X軸方向で最小が1番と2番の96.45mm 最大が3番4番の97.96mm その差なんと1.51mm
でも3番4番間はもとから1.5mm広いのでしょうか?
1/2/3と4/5/6の間はだいたいそろっています。

Y軸方向も最大0.36mmずれています
右から1番でノックピンから48.18mm3番は48.09mm5番は48.45mm

ここまで来たらスタッドボルトのピッチも全部測定して見ます。
明日も朝からこの作業です。

マシニングセンターで同時加工なら わざとずらさない限りこんなにバラバラにはなりません
当時はどんな工程で加工してたのでしょうか?

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています 「↓ポチッ」とお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

マエカワ

Author:マエカワ
岐阜県岐阜市にファクトリーを構える「マシニングによる高精度ワンオフ加工及び製造から自社オリジナル商品/クランクケース減圧バルブ:」レデューサー」を取り扱う、株式会社マエカワエンジニアリングです!

最新記事
カテゴリ
動画
当社の開発したクランクケース減圧バルブ/レデューサーを中心としたものから、様々な製造工程までを動画でご紹介
Loading...
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。