機械式ウォーターポンプ 完全撤去



さらにエンジン負荷の軽減を求めて の続きです。

電動ウォーターポンプに変更する為には 機械式ウォーターポンプの羽だけ外せば問題ないのですが
ポンプ単体で回してみるとオイルシールのフリクションロスがすごいです。

加工も途中までやってみましたが いまいち納得できず、、、

そのフリクションがどれくらい影響するのかはわかりませんが
あのオイルシールの固さは我慢できません。

純正ポンプ壊してプーリーだけ使います。
あとは削りました。

当たり前ですが手で回すと 何の抵抗もなく軽く回ります。

真ん中で2分割になってるのは作り出したのが3連休の寸前だった為に材料手配が出来ず
在庫である材料使ったからです。

測定から完成まで4日かかりました
他にこんな事する人いないと思いますが
仕事では成立しません。


テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています 「↓ポチッ」とお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

マエカワ

Author:マエカワ
岐阜県岐阜市にファクトリーを構える「マシニングによる高精度ワンオフ加工及び製造から自社オリジナル商品/クランクケース減圧バルブ:」レデューサー」を取り扱う、株式会社マエカワエンジニアリングです!

最新記事
カテゴリ
動画
当社の開発したクランクケース減圧バルブ/レデューサーを中心としたものから、様々な製造工程までを動画でご紹介
Loading...
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ