スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33Zに レデューサー取り付け

33Z-2.jpg
33Zへレデューサー取り付け例です。

オーナー様は サーキットも走られますので
クワッドを選択されました。

その為 純正のブローバイホースの位置に入れれませんでしたので
通常の逆方向へレデューサーを取り付け
U-ターンニップルで元の方向へ戻してあります。

レデューサーの位置はエンジンとバルクヘッドの間に収まりました。

写真では見にくいですが PCVラインは写真右下の位置です。
(右バンクの前方)

どの位タイムアップするか?
次回の走行会が楽しみです。

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています 「↓ポチッ」とお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

マエカワ

Author:マエカワ
岐阜県岐阜市にファクトリーを構える「マシニングによる高精度ワンオフ加工及び製造から自社オリジナル商品/クランクケース減圧バルブ:」レデューサー」を取り扱う、株式会社マエカワエンジニアリングです!

最新記事
カテゴリ
動画
当社の開発したクランクケース減圧バルブ/レデューサーを中心としたものから、様々な製造工程までを動画でご紹介
Loading...
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。