クランク角センサー ステーのモデリング

クランクケースの穴位置 ローターとの位置関係がわかったので
それを元に ソリッドワークスでモデリング開始です

3Dの最大のメリットは あまりイメージが無くても とりあえず ケースを作って
ローターを測定した位置に置けば センサーの位置は決まってきます。

後は ケースの取り付け穴とセンサーをつなげればステーは出来てしまいます。

立体で確認できるので 現物見ながら 頭の中でイメージして 2D CADで書いて
作ってみたら 全然間違いでした!

なんて事はありません。

fc2blog_20150512124033989.jpg

クランクケース作るわけでは無いので 全部モデリングする必要はありません。
クランクシャフトの位置に対して 取り付けステーの穴 ローターが何処にあるか だけです。

fc2blog_20150512124111c1a.jpg

センサーも 寸法どうりモデリングしておけば ローターとのクリアランスも確実にわかります。
クリアランスの指定は 1mm~2mmですから 最後にクリアランス調整の必要もありません
(実際には 取り付け部の ガスケットの厚みを変えればクリアランスは変えられますが)

fc2blog_2015051212423606d.jpg

取り付けステーの真ん中の下に開いている穴は ココにもレデューサーを取り付けて見ようかと!

この後は 実際に作って 仮に装着して確認です。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています 「↓ポチッ」とお願いします

FC2Blog Ranking

プロフィール

マエカワ

Author:マエカワ
岐阜県岐阜市にファクトリーを構える「マシニングによる高精度ワンオフ加工及び製造から自社オリジナル商品/クランクケース減圧バルブ:」レデューサー」を取り扱う、株式会社マエカワエンジニアリングです!

最新記事
カテゴリ
動画
当社の開発したクランクケース減圧バルブ/レデューサーを中心としたものから、様々な製造工程までを動画でご紹介
Loading...
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ